ドラちゃんのおへや

復元光線

Case4 自主規制

No.巻数頁数復元後(昔の版のセリフ)復元前(現在の版のセリフ)
(1)159神けいのはたらきをくるわせて神経の働きをかえて
(2)175わたしくるっちゃったらしいのわたしへんになったらしいわ
(3)176ちょうちょ、ちょうちょ、ヒーラヒラどーしましょ、どーしましょ
(4)179くるっちゃったとか、言ってたな昔へきちゃったとか、いってたな
(5)197きみらとは家がらがちがうよきみらとはちょっとちがうよ
(6)198うちは家がらが……うちは先祖が……
(7)1126ノータリン、のろまのとんま大ばかやろうののろまのとんま
(8)1135ばかにつけるくすりでもあったのかなにかいいくすりでもあったのか
(9)1167気がちがったんだおかしくなったんだ
(10)1186馬と竹のあいの子馬と竹の間の子
(11)257急にくるったように勉強しだして急に勉強しだして
(12)2100なにっ。のび太くんは二十歳で
こじきになるって
なにっ。のび太くんは二十歳で
ホームレスだって
(13)2100三十歳で、気がくるって
四十歳で、首をつるというんだよう
三十歳で、病気になって
四十歳で、死ぬというんだよう
(14)2101あわれなこじき。おめぐみをわたしにお金でも食物でもおめぐみを
(15)2184ママは怒りくるうママは怒りまくる
(16)437ドラえもんが正気にかえるまでドラえもんがもとにもどるまで
(17)444わあ、ドラえもんがくるったわあ、ドラえもんがへんだ
(18)4101気ちがいかと思われるへんだとおもわれる
(19)4154うすらばかばか
(20)554橋の下とか、ゴミための横とか…電車の音がしたとか
(21)561わたし、こじきのまねがしゅみでわたし、こんなことがしゅみで
(22)586ついにくるったついにおこった
(23)5104くるったように走り出したわあっ暴走だっ
(24)5143きみ、頭がおかしくなったんじゃないだろうねきみ、おかしくなったんじゃないだろうね
(25)5175ぞう気ちがいだったもんなぞうが大すきだったもんな
(26)626こじきルックと名づけてはやらせよう古着ルックと名づけてはやらせよう
(27)688どこへでもいいから、このごみをゴミをだしてきて
(28)7152スネ夫さんが、くるったのよスネ夫さんが、おかしいのよ
(29)7164そのほか、からだの部品、
なんでも一日十円でかします
そのほか、なんでも一日十円でかします
(30)824狂時機(マッドウオッチ)驚時機(きょうじき)
(31)1080ここに頭のおかしな子がふたり…ここにへんな子がふたり…
(32)1259くるったようにおこっちゃってめちゃくちゃにおこっちゃって
(33)1311つかまったらたべられるぞっ海賊がおそってきた!!
(34)1334気がくるっちゃう気がちがっちゃう
(35)1367ふとんでももってってくれこれでももってってくれ
(36)1475機械がくるったらしいぞ機械がこわれたらしいぞ
(37)16143黒んぼう大会があるんだよ日焼け大会があるんだよ
(38)17149、152狂音波驚音波
(39)2128狂時機驚時機
(40)21107化け物だだめだ
(41)2355いかりくるうジャイアンをいかりまくるジャイアンを
(42)24172マッドウオッチの働きよ驚時機の働きよ
(43)3316ねたましさに気がくるいそうだったのだ!!ねたましさに気が変になりそうだったのだ!!
(44)3476そんなら「マッド・ウオッチ」でそんなら「驚時機」で
(45)3690、91、
93、94
暗き天にマ女は怒り狂う暗き天にマ女は怒る
(46)36170ひみつのごみすてばひみつのごみだしば
(47)36170ないしょごみすてホールないしょごみだしホール
(48)36171山ほどすてられるよ山ほど入るよ
(49)36171ごみすててこようかごみだしてこようか
(50)36172なにかすてるものがあったらなにかいらないものがあったら
(51)36172さっそくすてたいものさっそくいらないもの
(52)36173えんりょなくすてろえんりょなく入れろ
(53)36180すてる装置なのにだす装置なのに
(54)36191これをすてさせてこれを入れさせて
(55)3882世の中がくるったんだ世の中がおかしいんだ
(56)38157マンモスがくるったように走ってゆくマンモスがすごいいきおいで走ってゆく

 自主規制による、いわゆる「言葉狩り」。これが一番深刻な問題と言えるでしょう。もちろん差別自体はあってはいけないことですが、「ドラえもん」では、他の本では普通に使われている「くるう」や「狂」の文字さえも消そうとするなど、明らかに過剰に反応しています。小学館で「狂う」が普通に使われている漫画もあるので、おそらくこれは藤子プロの意向によるものと思われます。
 このように、半ば無理矢理セリフが変更されたため、初期作品では最新版で読むと妙にセリフのテンポが悪い話がいくつも生じてしまいました。「怒り狂う」なんて普通に使われている言葉を、どうしてわざわざ消そうとするのか理解に苦しみます。
 ともかく、これだけ量が多いと、いちいち一つずつ解説していられませんので、重要なところやわかりづらいところについて触れてゆきます。
 (30)(39)(42)(44)の「狂時機(マッドウオッチ)」(現在は「驚時機」)や、(38)の「狂音波発振機」(現在は「驚音波発振機」)は、「狂」を消したため道具の名前まで変えられてしまった例です。「驚音波」はまだしも、「狂時機」は「マッドウオッチ」の日本語直訳ですから、「驚時機」では意味をなさないと思うのですが。
 (24)は、元々人食い人種がおそってくる場面だったので「たべられるぞ」だったのですが、それが海賊の絵に変えられたためセリフも変更されました。絵の方はExtra Caseを参照して下さい。
 (46)(54)は、ゴミを「すてる」と言う点が問題となり、道具名まで変更されてしまいました。確かに、最近ではゴミはルールに従ってきちんと分別して「だす」のが当たり前となってきていますが、作中で行っている行為はどうみても「ごみすて」です。それにもかかわらず行われたこのような変更には納得しかねます。
 さて、一通り気になるところについては触れましたが、実は、てんコミ全45巻中にはまだ「狂う」や「クルクルパー」などのセリフが、変えられずに残っている箇所がいくつかあります。これらが変更されたとなると、作者亡き後に第三者が作品を改竄したことになります。気を付けて、今後を見守りたいところです。


Special Thanks

イーストさん…(35)
上野良樹さん…(55)
き〜ぼ〜さん…(5)(6)(16)(19)(27)
kei_doraさん…(46)〜(54)
島田さん…(5)(6)
ケデラッタさん…(31)
まさおとマサオさん…(37)
よねさん…(29)